【お菓子の秘密】冬季限定のチョコレートが冬季限定である理由

コンビニなどでは、「冬季限定」と言うお菓子を見かけます。

よくよく見てみると、チョコレートに多いようです。

冬しか手に入らない材料が使われているのでしょうか?

チョコレートで冬しか手に入らない材料??

そんなものあるのでしょうか?

冬限定のチョコレートの秘密の真実をお知らせします。

 

 

冬限定のチョコレートと1年中売られているチョコレート

違いを見るからには、冬限定のチョコレートと、1年中いつでも売られているチョコレートを比較してみます。

冬季限定チョコレートMeltykiss

 

冬限定のチョコレートと言えば、調べてみたら色々な種類があります。

輸入品などもあるみたいです。

 

馴染みのあるものだとMeltykiss(メルティキッス)なども冬季限定です。

Meltykiss(メルティキッス)は「明治」の商品です。

テレビCMも気付かないうちにしっかり見ていませんか?

 

明治には、1年中売られているチョコレートもあります。

違いは、「溶ける温度が違う」と言うことです。

冬季限定Meltykiss(メルティキッス)の保管温度23℃以下

メルティキッスの保管温度は23℃以下

 

明治ミルクチョコレートの保管温度は、28℃以下

チョコレートの保管温度

 

つまり、冬季限定のチョコレートは、低い温度で溶けるのです。

その分、口溶けが良いと言うわけです。

 

チョコレートは、早く溶けた方が、早く味を感じるので美味しく感じると言います。

しかし、夏場だと室温が高くなるので、23℃以下になるので、店頭に置くことができないのだと言います。

店頭

冬場は、暖房を使っていても、23℃よりは低く、店頭で溶けないので冬季限定で販売することができると言うわけです。

スポンサーリンク


コメントを残す