【アイスクリームの秘密】ハーゲンダッツのラムレーズンが冬季限定である理由

人気のハーゲンダッツのアイスクリーム。

その中でもかなり強い人気のフレーバー「ラムレーズン味」。

これは、意外と知られていませんが冬限定です。

この秘密をお知らせします。

 

スポンサーリンク


ハーゲンダッツが冬季限定である理由

ハーゲンダッツが冬季限定である理由は、「溶けやすい」からです。

ハーゲンダッツの「ラムレーズン」と「バニラ」を比較すると分かりやすいです。

ラムレーズン味とバニラ味の溶け具合の比較

 

ハーゲンダッツのラムレーズン味

ハーゲンダッツのラムレーズン味は、12月から3月の期間限定商品です。

ハーゲンダッツのバニラ味

ハーゲンダッツのバニラ味をはじめとして、約10種類あるフレーバーは1年中売られています。

ラムレーズン味だけ冬季限定の理由

ハーゲンダッツのラムレーズン味だけ冬季限定になっている理由は、溶けやすいからですが、溶けやすい理由は「アルコールが入っている」からです。

ラムレーズン味には、ラム酒が使われているのです。

ラムレーズン味にはラム酒が使われている

 

アルコールは凍りにくいので、溶けやすいと言うわけです。

アルコール分が1.6%含まれています。

 

お菓子にアルコールを入れてもいいのか

ハーゲンダッツアイスクリームのラムレーズン味に限っては、ラム酒が1.6%使われています。

お菓子にアルコールを入れてもいいのでしょうか。

酒税法や食品表示法では、1%以上のアルコールを含む飲料については「酒類」の表示が義務づけられています。

 

また、全国チョコレート業公正取引協議会では「チョコレートの注意・警告の表示に関するガイドライン」を設定しています。

製品の全重量に対して1%以上のアルコールが原材料として使われている場合は、「アルコールが入っている」「お子さんには与えないように」などの注意書きをすることになっています。

 

ところが、菓子類(アイスクリームも含む)には、「酒類」の表示の義務はありません。

 

つまり、1.6%だろうが、2%だろうが、アイスクリームにはアルコールの表示義務はありません。

書かなくても問題ないと言うことです。

ハーゲンダッツのアイスクリーム

ハーゲンダッツのラムレーズン味を食べたら飲酒運転になるのか

ラムレーズン味には、ラム酒が使われています。

量としては、1.6%なので多くはないですが、アルコールです。

食べ過ぎると、もちろん飲酒運転になってしまいます。

注意が必要です。

ラムレーズン味でも飲酒運転

 

子供は食べても大丈夫なのか

アルコールは基本的には毒ではないので、子供が間違えて一口、二口食べてしまっても特に問題はありません。

ただし、5歳以下の子供の場合、商品のラベルに記載がなくても、制限がなかったとしても、食べさせない方がいいでしょう。

子供とアルコール

子供の時はアレルギーも出やすいので、万が一アルコールのアレルギーがあった場合は、大変です。

病院でもありのままを説明したらいいのですが、子供がアルコールを口にした、と言うことでどこか後ろめたい気持ちになったり・・・

総合的に考えても子供には上げない方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク


コメントを残す