【電子レンジで生うどん】驚愕なうどんの作り方があった

カップめん、カップラーメン、カップうどん、と言えば、お湯を注いで3分待つだけ。

これ以上簡単な調理方法があるでしょうか?

調理器具らしいものも不要で、やかんが1つあればいいだけです。

ところが、カップ麺って少し物足りない。

お店と変わりのないうどんを3分で作る方法がありました。

 

スポンサーリンク


 

カップうどんの良いところと残念なところ

カップ麺のうどんは、お湯を注ぐだけで3分間で食べられてとても便利です。

カップうどんの良いところ

調理器具も不要です。

お湯が必要なので、やかんかポットは必要です。

 

お湯を沸かすのはティファールがお勧めです。

1分以内でお湯が沸きます。

 

一方で、カップうどんと言えば、どれも薄い平麺で少し物足りない。

何か即席めんだからこそ超えられない壁があるのかもしれません。

カップ麺の残念なところ

 

電子レンジで生うどんを作る方法

インスタントでない生うどんの方が絶対にうどんは美味しいです。

ただし、ゆで麺はだめです。

 

「ゆでうどん」とは、製造後麺を茹でて、包装するのがゆで麺です。

実際に食べるときは、食感は良くないし、満足感が低いです。

 

うどん麺

美味しいうどんは、断然「冷凍麺」です。

冷凍と言うと、一段低く見られていましたが、最近では冷凍技術が高いので、全くそんなことないです。

しかも、うどんに限っては、製造後ゆでた後、時間経過とともに伸びていくので、その前に冷凍する冷凍うどんはかなりいい状態をキープできます。

冷凍うどんは美味しい

 

 

この冷凍麺を電子レンジで2分30秒から3分くらい加熱すると麺が完成。

電子レンジで冷凍うどん

 

電子レンジだけで、この状態まで行きます。

麺だけならもう食べられる状態です。

電子レンジで冷凍うどんは食べられる

 

玉子と生醤油をかけたらもう食べられます。

玉子と生醤油のうどん

 

スープ

今回は、スープで行きたいので、スープを準備します。

スープはこれ。

イオンで3袋54円だったかな。

うどんのスープ

 

1つの小袋はこんな感じ。

ちょっと風邪薬っぽい。

うどんのスープ

 

ダイレクトにどんぶりに開けます。

ちょっとだけネギも入っている。

どんぶりにスープをあげける

 

そこに、さっきの解凍した麺を投入。

冷凍麺を投入

 

そこにお湯を注ぐだけで、もううどんです。

ねぎを追加してみました。

お湯を注ぐとうどんの出来上がり

 

冷凍刻み葱は常備しておくと便利かもしれません。

時間と工程を確認

カップ麺3分と冷凍うどんではどちらが早いか考えてみます。

 

冷凍うどんの時間と工程

電子レンジに冷凍麺を入れて2分30秒加熱。(800W)

どんぶりに粉スープを開ける。

お湯を沸かす(ティファールがお勧め)

解凍が終わったうどん麺をどんぶりに投入。

お湯を注ぐ。(3分以内)

お湯を注ぐとうどんの出来上がり

 

カップ麺の時間と工程

お湯を沸かす(ティファールがお勧め)

カップ麺の小袋や袋スープをカップ内に開ける

お湯が沸いたらカップに入れて3分待つ。

3分経過したら完成。(4分~5分)

カップうどんの良いところ

 

まさかの、カップ麺よりも実際の完成時間が短いのです。

そして、カップ麺よりも満足度が高い。

 

カップ麺にはカップ麺の良さがありますが、うどんが食べたいときは冷凍麺もかなりいいです。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク