【食パンの厚さの秘密】関東・関西の違いの理由

朝の食事はパンという方が多くなっています。

食パンは関東でに1斤6枚切り、関西では厚めの5枚切りが主流です。

なにか理由があるのでしょうか。

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


食パン1斤の厚さ

食パンの1斤は通常4枚から8枚がスーパーなどに置いてあります。

なぜ厚さの種類がいろいろあるのでしょう。

関東では6-8枚が人気な理由

関東は銀座木村屋さんのあんパンから親しんでいたのでお菓子・おやつ感覚でした。

パスコ ファミリーモーニング (食パン) 8枚切

 

関西では4-5枚が人気な理由

関西はお好み焼きなどの粉もん文化の場所です。

パン屋の神戸屋さんが、パン食を広げるにはおいしさがより伝わるのは厚切りの方がいいと言う考えから始まりました。

食事としての主食変わりになるのは、もっちりした食感の5枚切りがいいわけです。

パスコ 超熟食パン 5枚

 

食パンがおいしいのは、何枚切り

「薄切り」の東日本

「厚切り」の西日本

 

Jタウン研究機関が「食パン、何枚切りが好み?」に関して、都道府県別にアンケート調査を行っております。

結果は、東日本では6枚切りが王道、西日本では5枚切りがメインです。

4枚切りが好きな人の理由

4枚切りの幸福感は他のパンさではあじわえません。
8枚から始まって厚さをいろいろ試してみればパンが厚くなるにつれて満足感は間違いなく高くなっていきます。

5枚切りが好きな人の理由

パンを焼いたときのカリッふわっという口当たりは、なんといっても5枚切りの方がいいのです。

6枚切りが好きな人の理由

味も大切ですが、値段も大切。
その薄切り厚切りが折り合えるところが、6枚切りです。
一般庶民が支持するのは6枚が標準となるようです。

8枚切りが好きな人の理由

8枚切りは、おやつ等にはさんでもそのままでも丁度良いサイズです。
5枚のモッチリ感より8枚はサックといける感覚がいいのです。

10枚切りが好きな人の理由

10枚切りトーストを1回食べたら、10枚以下は考えられません。
カリカリという食感はパン屋さんで買ったきたばかりの味わいになります。

10枚切りが好きな人は岩手県の方が多いという、Jタウンさんのアンケートの結果です。

ただし、理由は定かではないです。

10枚切りのサイズは珍しいのでどこで売っているのかと気になりましたが、大きなスーパーで数は少なめですが売っています。

それぞれ10枚切りを耳付きで販売しています。

耳付きなのでサンドイッチ用というわけではないです。

いずれにせよ朝食のメインはパンという家庭が多くなりました。

スポンサーリンク


コメントを残す