きのこの山がたけのこの里と比較して優れている点

大手食品メーカー、明治が販売する「きのこの山」と「たけのこの里」。

2つの菓子の「どちらが美味しいか」という論争は、インターネット上での定番の話題です。

そんな中、明治による「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018」が開催されました。

それに合わせて、ここでは「きのこの山」の利点についておしらせします。

スポンサーリンク

内容量はきのこのほうが多い

たけのこの里が70gであるのに対しきのこの山は74g。

4gとは具体的に言うときのこの山2個分程度の重さです。

値段はどちらも¥168(税抜)程度であることを考えるとコストパフォーマンスはきのこのほうが優れているといえます。

 

 

楽天市場での価格はこのようになっています。

 

きのこのほうがエネルギー摂取に有効である

箱裏の栄養成分表示によるときのこの山は一つ当たり5.63kcalであるのに対したけのこの里は5.58kcal。

さらに前述のとおり、内容量もきのこのほうが多いのです。

昼過ぎの小腹を満たすにはきのこのほうが適しているといえます。

食べやすい

きのこの最大の特徴であるクラッカーは手を汚しにくく、実際に食べるときに重宝します。

たけのこは表面にパウダーがついており、食べたときに十中八九手を洗わなくてはならなくなります。

食べやすさの点ではきのこに軍配が上がります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク