たけのこの里がきのこの山と比較して優れている点

大手食品メーカー、明治が販売する「きのこの山」と「たけのこの里」。

2つの菓子の「どちらが美味しいか」という論争は、インターネット上での定番の話題です。

そんな中、明治による「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018」が開催されました。

それに合わせて、ここでは「たけのこの里」の利点についておしらせします。

スポンサーリンク

たけのこのほうがコストがかかっている

きのこが発売されてから4年の間隔をあけてたけのこは発売されました。

たけのこはきのことの区別化として高級さを押し出してきたのです。

そんなたけのこは質を上げつつ、量を少し減らすことによりきのこと同じ値段で販売されています。

楽天でも値段は同様なようです。

ビスケット生地がサクサクである

たけのこ派のほとんどが唱えている論です。

ビスケットはサクサクとしており、チョコも適量になっているため一体感を感じられます。

さらにきのこと違って分離の心配もありません。

人気はたけのこのほうが高い

これまで幾度となくきのこたけのこ選挙企画は行われてきました。

しかし、2013年の家計簿アプリReceRecoの購買データ分析では倍以上の差をつけてたけのこが勝利しています。

2018年3月現在、Amazonの売り上げランキングを見ても、たけのこのほうが圧倒的に売り上げています。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク