風邪・疲労回復!にんにく注射の効果

音楽家の小室哲哉さんが疲れ解消としてニンニク注射をしていました。

そのニンニク注射とはどんなものでしょうか?

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


にんにく注射とは

にんにく注射というのは、にんにくが入っていると認識違いをされてしまう方もいます。

にんにくの成分アリナミン(ビタミンB1)がたくさん含有されているので、そんな感じで言われています。

「風邪の特効薬」に一番近いものは「ニンニク注射」ですね。

ニンニク注射の成分・ニンニク注射ルーツ

にんにく注射そのものにはにんにくは入っていません。

にんにく注射の主成分はビタミンB1です。

ビタミンB1には「硫化アリル」という成分が含有されています。

成分は独特の硫黄臭があり、それがにんにくのニオイであることからにんにく注射という名前になったようです。

ニンニク注射はどこで打つの?

にんにく注射をやってみたい場合

内科や皮膚科、美容外科などにおいて注射することが出来ます。

ニンニク注射効果・料金

治療にかかる時間は5~10分ほどとあっという間で、1度の治療で3日~1週間前後効き目がキープします。

にんにく注射の効き目を維持するには週1~2回くらいのペースで打ち続けることがおすすめだとされています。

にんにく注射の料金は多くの場合1000~5000円くらいで、保険は適用不可となっています。

にんにく注射 こんな症状におすすめ

ニンニク注射を必要とする人

スポーツ選手はもちろん、家事・育児で疲れがたまっている主婦や風邪の予防などに最高のようです。

ニンニク注射は以下のような方に向いているといえます。

・倦怠感がたまっている
・元気が出てこない
・風邪を引きやすい
・寝ても疲労がとれない
・夏バテしてしまう
・肩こり、腰痛が繰り返す
・冷え性と言える
・倦怠感がとれない
・よく睡眠をとっているのに、まるで疲労感が無くならない
・疲れが留まっていても、安易には仕事を休めない
・冷え症や虚弱体質で、しょっちゅう風邪をひく(一度かかると治りにくい)
・頭痛や肩こり、腰痛にまいっている

 

そのほか疲労対策の治療あれこれ

ニンニク注射のほかにも、いろいろいろな治療法がありますね。

試してみたいものばかりあります。

・血液クレンジング
・オゾン注腸(オゾン療法)
・血液フォトセラピー
・高濃度ビタミンC点滴
・キレーション点滴
・グルタチオン療法
・マイヤーズ・カクテル
・プラセンタ注射
・コンドロイチン注射
・α(アルファ)リポ酸
・水素水点滴
・スーパーフード

まとめ

にんにく注射を打てば必ず体が元気になるというわけではありません。

それから、にんにく注射が体質に合わないことも考えられます。

そのような時はお医者さんに相談が一番ですね。

本音はにんにく注射に頼らず、病気にならない病気なりにくい体をつくる事をモットーにできればと思います。

にんにく注射は疲れがたまって抜けない時に一度体験したいです。

スポンサーリンク


コメントを残す