アルコール酔いをさます方法

一年を通して祝いの席や親せきの集まりなど、飲酒する機会は数多くあると思います。

ここではアルコール飲料を飲んだ時に酔いさましに良いといわれる方法をお知らせします。

そもそも酔いとはなんなのか

酔いとは「エチルアルコール」「アセトアルデヒド」の作用によって起こされるものです。

「エチルアルコール」は脳を麻痺させ、「アセトアルデヒド」は心拍数を上げます

また、「アセトアルデヒド」は二日酔いの原因です。

 

 

飲み物を飲む

体内のアルコールを肝臓で分解するのために水分を使います。

この分解が間に合わない場合「アセトアルデヒド」が体内に残り、二日酔いとなってしまうのです。

肝臓での分解を助ける飲み物として「オレンジジュース」「牛乳」があげられます。

アサヒ飲料株式会社が研究結果を学会で発表した研究結果によると「オレンジジュース」にはアルコール分解作用があるようです。

果汁100%のほうが効果があり、水より約三割ほど分解速度が速いのです。

「牛乳」に関しては胃に膜を作るため、酔いにくくなるという俗説がありますが、これは正しくありません。

しかし、効果がないというわけではなく、「牛乳」を飲むことにより、アルコールの代謝が進むため、酔いを和らげることができます。

食べ物を食べる

アルコールの分解を助けるためには水分のほかに糖分が必要です。

そこで、甘いもの(菓子など)を食べるとよいです。

また、「シジミ」に含まれる成分が様々な働きをします。

オルニチン 毒素の無害化、排出
メチオニン コレステロールの燃焼
タウリン 毒素の無害化、排出、コレステロールの燃焼
グリコーゲン 肝臓の活性化

特に「味噌汁」にしたときに成分を摂取しやすいため、「シジミの味噌汁」は非常に良い選択といえます。

薬を飲む

最近ではドリンクタイプのものがよく見られます。

ウコンの力

ウコンには肝機能を高める効果があるようですが、吸収に時間がかかるため、飲み会前にあらかじめ飲んでおいたほうが良いようです。

 

ヘパリーゼ

ヘパリーゼにもウコン同様に肝機能を高める効果があります。

成分にはウコンエキスや肝臓エキスが含まれます。

 

液キャベ

肝臓の機能を高める「ウコン」「コウジン」などの7種の成分が配合されています。

これはどちらかというと飲みすぎのつらさを和らげるためのもので、飲み会中や飲み会後に飲むことをお勧めします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク