アンドロイドワン(AndroidOne)の利点

近頃Y!mobileのCMで「アンドロイドワン」という単語をよく耳にします。

ところでアンドロイドワンとはいったい何のことなのでしょうか。

ここでは「アンドロイドワンとはなにか」「アンドロイドワンの利点」についてお知らせします。

スポンサーリンク

アンドロイドワンはスマホ端末のこと

まずアンドロイドとはOS(オペレーションシステム)のことです。

 

つまりソフトウェアのことを指します。

それに対しアンドロイドワンはもともとは新興国や発展途上国で普及させるために作られた低価格帯スマートフォンのことです。

しかし、ただの低価格端末というわけではありません。

低価格のデメリットの、「アップデート提供されなくなる」を解消するものなのです。

(実際に、ドコモやソフトバンクのスマートフォンも発売日から2年足らずでアップデートが提供されなくなっている。)

 

 アンドロイドワンの詳細とメリット

アンドロイドワンは「販売開始から最低18か月間、ソフトウェア アップデートを提供すること」を確約しています。

さらにソフトウェアにはAOSP(いわば素のAndroid)を基にした非カスタマイズが搭載されており、無駄が少ないです。

そのうえ、一万円弱で最新OSを使えると考えると非常に優秀だといえます。

 NEXUSシリーズとの違い

NEXUSシリーズはGoogle社が、選定したハードウェアメーカーとの協力の上で製造、販売されています。

それに対し、アンドロイドワンはGoogle社の定める一定の基準に従って製造されています。

つまり、細部までGoogleが関与しないため、多少メーカー側でカスタマイズを加えられるということです。

これにより、ほとんど日本でのみ見られるような「防塵防水」「ワンセグ」「おサイフケータイ」などの機能が搭載されています。

スポンサーリンク