エアコン内部のカビ増殖を防ぐ簡単テク

暑い夏のシーズンがやってくると、連日フルに動いているエアコンです。

何時でも綺麗で清潔に保ちたいエアコンです。

しかし、エアコンの汚れはなぜか、気が付くといっぱいに溜まっていることが多いと思います。

エアコンの汚れのため、カラダに悪影響を及ぼすことあります。

エアコンが汚れる事情とお掃除のやり方に関して紹介していきます。

スポンサーリンク


エアコンの汚れの原因

ホコリ

昨今では、フローリングの家が結構あるので、細かなホコリが舞いあがってエアコンの内部に入りやすくなっています。

カビ

エアコンを使い終わったあとのエアコン内部は、湿度が上昇します。

そのため、ホコリに水分が加わって、空気中のカビ胞子がくっついてカビが増増えてしまうのです。

カビは悪臭だけということはなく、いろいろな病気の原因に相当する危険があります。

ヤニ

たばこの煙による臭いや、ヤニの黄ばみといいたものも汚れ要因でしょう。

料理の時に出る油を含んだ水蒸気を循環してしまうので、エアコンがキッチンに近いとエアコンは汚れやすくなります。

エアコンの掃除方法

自分でやる場合

本体外側の汚れは洗剤をつけた雑巾等でふき取りましょう。

エアコンフィルターは掃除機でホコリを取てからフィルターを外して靴を洗うようなたわしで水洗いします。

フィルターを洗ったら、きちんと水を切って陰干しにします。

濡れたままで使うとエアコンから水が垂れてきたりします。

それがもとで故障してしまうこともあるのでひと手間愛情をかけます。

フィルターを外した中は、フィルタークリーナーというフィルター掃除用の洗浄スプレーを使って掃除します。

※フィルタークリーナーはドラッグストアなどで売られています。

プロに頼む場合

おそうじプロにお願いすることの一番大きな違い

フィルターの掃除だけでなく分解して内部の送風機まで綺麗にやってくれることです。

送風機が綺麗になるとそれ相応のフィルターに吸着する汚れも少取ることができます。

忙しい人や掃除が苦手な人はお掃除プロにお願いしてみてもいいかとおもいます。

エアコン掃除を長いことやっていないと、なんとゴキブリが卵を産み付けることもあるようです。

お掃除はエアコンを使うシーズンは当然です。

エアコンを使わなくなるオフシーズンもホコリやカビはついてしまうので、まめにお掃除ましょう。

 

まとめ

定期的に1カ月に2回位はエアコンの簡単にフィルター掃除はしましょう。

取り付け設置はキッチンより離れた場所に取り付けをすることをおススメします。

エアコンを使わないシーズンでも、定期的に掃除は必要です。

プロにお掃除依頼することで、清潔なエアコンを維持することができます。

 

スポンサーリンク