エイプリルフールの由来

エイプリルフールとは毎年4月1日の正午に限り、嘘をついても良いという風習です。

この風習の由来ははっきりしておらず、いくつか起源説があります。

ここではそのうちのいくつかをご紹介します。

グレゴリオ暦採用が起源説

1564年以前までのヨーロッパでは現在でいう「3月25日」を新年とし、「4月1日」まで春の祭りを開催していました。

1564年にフランスにて当時王であったシャルル9世が1月1日を新年とするグレゴリオ暦が採用された際、これに反対する人々が嘘の新年を「4月1日」に祝ったというのがエイプリルフールの由来といわれています。

 インドの僧が起源説

インドの僧の悟りの修行は春分から3月末まで行われています。

その間は悟りの境地に入るというものですが、修行を終えると俗世に戻ります。

俗世とは社会生活において人間が一番苦悩する事が多いことを指します。

そこで寺では4月1日に「揶揄説」として修行を終えた僧をからかう行事を行っていました。

それがヨーロッパに伝わり、広まったのではないかという説もあります。

キリストの死因が起源説

イエス・キリストがユダに裏切られ、磔刑にされたのが4月1日だという説があります。

それを忘れないために一日だけ嘘をついてもよい日にしているという説です。

しかし、キリストの命日は西暦33年4月3日であるという説が強いため、この起源説はあまり有力であるとは言えません。

ノアの箱舟が起源説

大洪水から逃れたノアが、「4月1日」に鳩を放ちましたが、とまるところがなく帰ってきました。

この際に鳩がノアに騙されたということがエイプリルフールの起源であるという説があります。

過去の企業エイプリルフール

例えば過去には以下のようなエイプリルフールでのジョークがありました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

スポンサーリンク

スポンサーリンク