エナジードリンクのコスパ・カフェイン量比較

エナジードリンクは、勉強の前やゲームの前などに眠気を飛ばすため、あるいは集中力を高めるために飲まれます。

しかし、コンビニなどで見てみると何種類もエナジードリンクが販売されています。

ここではメジャーなエナジードリンクの特徴を紹介します。

レッドブル

日本国内に「エナジードリンク」というものを定着させたのがレッドブルです。

カフェイン量は他のエナジードリンクと比べると少なめの80mg。

このカフェインの量は250mlのコーヒーに相当します。(大き目のマグカップのコーヒー一杯分)

ブランド力からくるプラシーボ効果(思い込み)が効果のほとんどだという意見もあります。

 モンスターエナジー

レッドブルが有名になったころに日本に上陸したエナジードリンク。

カフェイン量は142mg。レッドブルの約1.8倍です。

また、容量も355mlと非常に多いため満足度も高いです。

日本国内では「プレーン」「カオス」「アブソリュートリーゼロ」「M3」「ウルトラ」「ロッシ」など全6種の味があります。

 ミラクルエナジーV

この商品にはカフェインは22mgしか入っていません。

しかし、このミラクルエナジーVには天然タウリンが100mg配合されています。

さらに一本当たりの値段が非常に安いなど、ほかのエナジードリンクとは異なっています。

 Survivor!

カフェインは120mgと多めなのに対し、1本あたり93円程度という安さが人気です。

Survivor!はなかなかコンビニなどでは見られないため、ネットで買うなどの手段しかなさそうです。

RAIZIN


大正製薬から発売されているエナジードリンク。

カフェイン量は36mg程度ですが、一番の特徴は辛めの生姜エキス配合という点です。

体の芯からポカポカしたいときにおすすめです。

紹介した商品の比較

商品名  カフェイン量  容量  特徴
レッドブル  80mg  185ml  ポピュラー
モンスターエナジー  142mg  355ml  大容量&カフェイン多
ミラクルエナジーV  22mg  250ml  天然タウリン
Survivor!  120mg  250ml  1本93円
RAIZIN  36mg  250ml  生姜エキス

スポンサーリンク