カゴメ 生きて腸まで届くビフィズス菌のレビューと栄養素について

生きた乳酸菌が 腸まで届くという キャッチコピーに 惹かれて購入しました

スポンサーリンク


 

生きて腸まで届くビフィズス菌のレビュー

朝の 忙しいときに1本、飲みやすく 量もちょうどいいです。

 

脂肪分 0 なので、飲みにくいのかなと 思いましたが、飲んでみると それほど 気にならず、さっぱりと おいしく 飲めます。

オリゴ糖も 入っているのも うれしいですね。

 

肝心の味は・・・

ヨーグルトを薄めて、甘みの中に ほんのり レモンの酸味を 加えたような味わいで 乳脂肪が 0 なので サッパリしていて 飲みやすいです。

ヨーグルトの 酸味も薄く 今まで 飲んでいた 飲むヨーグルトとは だいぶイメージが違います。

 

乳脂肪分が 0 のせいか、かなりさっぱりした味でした。

ちょっと 物足りなさを感じますが、ヨーグルトの自然な酸味が 意外とあっさりしていて、とても 飲みやすいです。

 

程よい甘みとコクが 調和していて、毎日 無理なく飲めます。

オリゴ糖で整腸作用があり、朝から快調です。

 

健康への効果は まだ数回しか 飲んでいないため わかりませんが、期待しています。

3本に 分けられていますが すぐ なくなってしまいます。

ヨーグルト

 

栄養成分

 

100 ml 当たり

エネルギー : 51 kcal

タンパク質 : 1.5 g

脂質 : 0 g

炭水化物 : 11.2 g

ナトリウム : 14 〜 30 mg

食塩相当量 : 0.03 〜 0.08 g

カリシウム : 65 mg

マグネシウム : 11 mg

イソマルトオリゴ糖 : 780 mg

 

ビフィズス菌

大腸に棲息する 腸内フローラ ( 腸内には 多種多様な 腸内細菌が生息していて 植物が集団で 群れているお花畑の様 ) で 善玉菌が悪玉菌を抑制して 腸内フローラのバランスを取り 健康維持をしている。

大腸の善玉菌である ビフィズス菌と乳酸菌の割合は 99.1 % が ビフィズス菌で 0.9 % が 乳酸菌です。

 

乳酸菌は 糖を分解して 乳酸を作り、ビフィズス菌は 乳酸に加え 酢酸を作ります。

この酢酸が 悪玉菌を強い殺菌作用で やっつけてくれます 。

 

善玉菌は 消化吸収を助けたり、病気に対する 抵抗力をつける効果があります。

反対に、悪玉菌は 炎症を起こす物質や 発ガン物質や 発ガン促進性物質を 作ります。

 

ビフィズス菌は 生まれた赤ちゃんの腸内に存在し 年齢とともに 腸内のビフィズス菌は 減少し老後になると 著しく減少するので 腸内フローラで 悪玉菌が増え バランスが崩れて 健康に悪影響がでます。

そのため、悪玉菌を抑え 腸内フローラの バランスを取るために ビフィズス菌を 大腸に摂り続けることが重要です。

ビフィズス菌を増やすには 生きたまま腸まで届く ビフィズス菌入りヨーグルトを 毎日摂取する事が効果的です。

スポンサーリンク


スポンサーリンク