スマホの充電が遅い時の対処法

スマートフォンの時代になってきました。

ガラケーの方が料金的なことを考えるとスマホの料金よりダントツに安いです。

でも便利に使うことができるので仕方ありませんが、ネット・カメラの使用量が多いと電池の減りは早いです。

気になる充電時間について調べてみました。

スポンサーリンク


アンドロイド(Android)端末の充電

今までに比較すれば電池の持ちがよくなってきたアンドロイドの端末です。

しかし「ゲームのプレイした場合、電池が早くなくなる」とか「急速充電やっているはずなのに遅い」などの充電についての悩みは尽きません。

今回は充電に対しての思い違いを含め、アンドロイド端末を急速充電するやり方をご紹介します。

ACアダプターとケーブル

急速充電行うために、何よりも最初に見直したいのがACアダプターとUSBケーブルです。

高出力のUSBアダプターを買ったので急速充電出来ているつもりではありませんか。

それと100均などのショップで買ってきたリールケーブルなどは、ひと際速度がでません。

スマホを購入したときに付属していた急速充電対応ケーブルで計ってみると、5.1V前後で1.08Aです。

100均のリールケーブルの約3倍の電流量なんです。

形は同じに見える充電器でも違いは別物です。

充電機器の確認

アンドロイド端末は、「AC」と「USB」という2つの充電モードを提供しています。

「AC」モードで充電できるUSBアダプタ・ケーブルは急速充電モードに適応しています。

確認方法は、充電している状態から「設定」画面を開きます。

「一般」の「端末情報」内にある「ステータス」の順番で見ていきます。

Android5以上の場合「設定」→「端末状況」内の「電池の状態」の項目に充電中(AC/USB)のどちらかが出てきます。

USBアダプタで充電ですと低速充電になり、充電時間も端末自体にも負担がかかります。

お出かけの際にはUSB充電にはなりますが、AC充電をおススメします。

 充電しながら通話や通信、その他の操作を行うのも芳しくありません。

USBケーブル

USBケーブルは2種類あります。

  • データ通信可能(充電可能)
  • 充電専用(データ通信は不可能)

充電専用のUSBケーブルは高速充電が可能です。

USBケーブルを充電専用のものにすることで、充電速度を早めることができます。

まとめ

充電にはACアダプタを使用で高速充電が可能

確認方法はスマホの設定から端末状態で確認

100均のケーブルは望ましくない

 

スポンサーリンク