ノーベル賞の選定基準について

世界中にある数多くの賞の中でも、指折りのステータスを誇るノーベル賞。

どうやって受賞者が選ばれているか、調べてみました。

スポンサーリンク


ノーベル賞とは

1901年に始まった、世界的に顕著な成果を出した者を表彰するものです。

創設者は、ダイナマイトの考案者であるアルフレッド・ノーベル。

ノーベル賞には、物理学、化学、経済学、文学、生理学・医学、平和の6種類があります。

ノーベル平和賞を除く5つの賞全てを、北欧のスウェーデンが管轄し授与しています。

 

スウェーデン王立化学アカデミーでは、物理学賞と化学賞を。

同じくスウェーデンのカロリンスカ研究所で、医学賞と生理学賞を選考しています。

その年の10月に受賞者を発表し、同年の12月に授与式となります。

毎年12月10日に授与式が行われますが、それは創設者のノーベルの命日だからです。

授与式もスウェーデンで、ストックホルムにて行われます。

 

ノーベル賞の選定基準

「どうやって受賞者が最終的に選ばれたのか」の選考過程(受賞者限定)は、授与から50年経たないとわからないことになっています。いわばブラックボックスです。

CIAの機密文書が30年間は明かされないのと同じようなものです。

 

わかっているのは、一般的な選考過程です。

かなり長い時間をかけて選んでいます。

各ノーベル賞の選考委員会があり、9月から翌年の受賞者選びに動き出します。

まず、各分野(物理学、化学、経済学、文学、医学、生理学)の過去の受賞者や専門家に、受賞候補の推薦者を選んでもらうよう依頼をかけます。

その数ですが、各分野でそれぞれ3,000人を超えます。

各推薦者が出揃ったら(1月に締め切り)、それぞれの分野で、半年もの時間をかけて300人程まで絞ります。

その中から最終的にノーベル賞の受賞者を選ぶわけですから膨大な作業になります。

ちなみに、各分野でのノーベル賞の受賞者は最高で3人までとなっています。

 

仮に、1次審査を通過した300人と受賞者の3人を比べたときに、その研究成果に違いがどれだけあり、なぜ「その人」が選ばれたのかは今だに不明です。

オープンスコアリングシステムではないので、不透明さは否めません。

相対性理論で有名なアインシュタインは1921年にノーベル物理学賞を受賞していますが、そのずっと前の年から候補に名前は上がっていたそうです。

にも関わらず、違う科学者に先んじられています。

その決定的な理由は未だに明かされていません。

 

ノーベル賞の賞金額

最後に余談ですが、賞金額についてです。

 

1つの賞で約1億円ほどになります。

もし同賞が数人いた場合は、1億円を人数割りすることになります。

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す