低体温がもたらす恐怖と、改善策

低体温は様々な症状を引き起こすことがわかりました。

 

そこで、その症状と改善策を調べました。

身近なことなので、とても注意が必要です。

スポンサーリンク


 低体温とは

平熱が36.0℃未満を低体温と言います。

ちなみに、日本人の平均体温は36.6℃から37.2℃の間と言われています。

体温を1度上げるだけで、免疫力が5~6倍になるというデータがあります。

逆に言えば低体温だと免疫力がその分低いことがわかります。

 

低体温の原因

運動不足

現代人は運動不足と言われて久しいですが、運動不足は筋力の低下を招きます。

筋肉は体内において最大の熱産出器官なのですが、その筋肉の低下は、体温の低下へとつながります

 

外的環境

日頃からエアコンなどの効いた部屋に長く居たり、寒い季節で防寒対策が取れて居ないと低体温につながります。

 

タンパク質不足と偏食

筋肉および細胞を作る燃料となるタンパク質が不足したり、偏った食生活はホルモンバランスを崩し、筋肉を低下させます。前述の通り、筋力の低下は体温の低下を招きます。

 

低体温がもたらすリスク

ガン(癌)の発症率の上昇

ガンは36.1℃以上の熱の中では繁殖することができません。

逆に言えば、低体温の場合、ガンが発症するリスクが高まります。

ガンは低体温を好むからです。

実験では、35℃台が最もガン細胞が増殖することがわかっています。

 

病気にかかりやすくなる

低体温はそのまま抵抗力の低下に繋がり、細菌やウィルスにやられやすくなります。

そして風邪にかかりやすくなり、同時に治りにくくなります。

 

基礎代謝が悪くなる

基礎代謝の低下により、疲れやすくなったり、太りやすくなりします。

 

低体温の改善策

風呂に長く浸かる

ベタに聞こえますが、効果的です。

日本人は昔から風呂好きで知られていますね。

風呂で体温が一次的に上昇するため、定期的にガン細胞が活性化するのを抑える力が働きます。

実際、第二次世界大戦中にフランスの医師パスツールと、ドイツのアンリ・ランペール教授の二人は、お風呂を使って兵士の病気を治していました。

それは、熱いお風呂に入る習慣のある日本人のガンの発症率が、他国と比較し20倍も低い事にインスピレーションを受けたものです。

現代人は忙しさからか、湯船につからずシャワーで済ますことが多いですから注意が必要です。

 

冷たいものを極力飲まない

温かい食べ物を食べると体が温まるように、冷たいものを飲んだりすると体も冷えます。

当然、体温の低下を招きます。

 

部屋は常時暖かくする

夏だからとクーラーの効いた部屋に居続けるのは考えもの。

低体温の温床になります。

冬でも首元を温めるなど、体温が下がらないように工夫しましょう。

 

適度に運動をする

筋肉は肉体で最大の熱産生器官です。

筋力が増強されれば体温も上昇しますから、お勧めです。

男性より女性に冷え性の症状が多いですが、それは女性の方が筋肉量が少ないからです。

 

バランスのいい栄養を心がける

サプリなども使いつつ、しっかりとした栄養素をとって行くことが大事です。

 

季節に関係なく、日常生活の中で低体温を防いでいけます。

スポンサーリンク


コメントを残す