夏の車内温度が非常事態! 最速で冷やす方法とは

毎日暑い日が続いています。

ただでさえ猛暑で嫌になるのに、炎天下にさらされた車内の状態は、あまりにもひどいです。

運転中、シートに接する部分はベットリと汗をかくし、ハンドルなんて熱くて握れません。

一体車内は何度まで上昇しているのでしょう。

スポンサーリンク


調べてみました。

そして、少しでも早く、車内の温度を下げるには、どうすればいいのでしょう。

 

真夏の車内の温度

真夏の車内の温度がどのように変化するのか、JAFさんがテストしたものがあります。

内容は、午後12時から16時までの4時間、車(ミニバン)を5台用意し、炎天下に放置して車内の温度を測定したものです。

どの車も、テスト開始前には車内の温度を25℃にしています。

テスト日は8月某日、場所はとある駐車場(アスファルト舗装)です。

 

時間による変化

テスト開始後、車内の温度はグングン上昇し、およそ1時間後には25℃だった温度が47℃に、2時間後には50℃に達しました。

この温度は車内の平均温度で、中でもダッシュボードの温度は驚異的に高く、74℃にも達しています。

 

車の色での比較

車には様々な色があります。

先程のデータは車体が白いものですが、黒だとどうでしょう。

テスト結果から、約5℃高いということが判りました。

 

サンシェードの効果は

車内の窓に貼り付ける、サンシェードというグッズがありますが、その効果は期待できるのでしょうか。

白い車体のものに比べて、およそ2℃車内温度が低くなりましたが、思ったほど効果は期待できないようです。

とはいえ、ダッシュボードに関しては、74℃に対して52℃隣、こちらの効果は大きいようです。

 

窓をあけておく

わずか3cmですが、窓を開けてみました。

するとサンシェードよりも効果はあるようで、車内の平均温度は42℃でした。

 

エアコンを使用

エアコンの力はやっぱり偉大で、停車中にエアコンを聞かせていた場合、車内の平均温度は26℃と一番低くなりました。

ただ、エンジンをかけたままだと、誤操作で車が動いてしまったり、燃料切れでエンジンが止まってしまう可能性があります。

環境面でも排気ガスなどの問題もありますし、好ましくはないですね。

 

対策、早く冷やすには?

車内の温度が高くなると、エアコンをガンガンに効かせても、なかなか涼しくなってくれませんよね。

ちょっと近くまで買い物に行くのに車を使う人もいると思いますが、目的地に着く頃にようやく涼しくなってきた、何ていうこともしばしばあります。

では、素速く車内温度を下げるには、どうすればいいのでしょう。

 

・まず車に乗り込む前に助手席の窓をあけ、運転席側のドアを5回程度開閉する。

・車に乗り込み、エアコン(オート)を外気導入、温度設定をLoにし、窓を全開にした状態で走行する。

・車内の熱気が外に出たら窓を閉め、エアコンを外気導入から内気循環に切り替える。

 

冷却スプレー、車体に水をかけるなど、色々な検証を重ねた結果、一番速く温度を下げられる方法がこれです。

特にドアのパタパタは、単純なやり方なのに、効果はバツグンです。

ただし、車内の温度が下がったと思ってもダッシュボードやシートベルトの金具などには高熱が残っていることがあるので、小さい子供のやけどなどには十分に注意して下さい。

 

スポンサーリンク