明治プロビオヨーグルトR-1の栄養素とレビュー

「 R – 1 ドリンクタイプ 」の栄養成分に ついて お知らせします

 

スポンサーリンク


栄養素とレビュー

ヨーグルトでは 珍しい 赤いパッケージが 売り場でも 目に付きます。


乳酸菌といっても 色々ありますが こちらは 1073R – 1 乳酸菌配合です。

 

インフルエンザ予防に いいとのことで 飲み始めました、とても 飲みやすくていいです。

ヨーグルトのような 乳酸菌の味わいで サイズも ちょうどよく すっきり美味しく 飲めますね。

 

乳酸菌とは

発酵によって 糖類から 乳酸を 作り出す 特性を持つ 微生物という 性質があります。

 

乳酸菌は 腸内で 大腸菌など 悪玉菌の 増殖を抑え、腸内菌の均衡をとり、人の体によい 効能があるものが多く 人体に有益な菌のため「 善玉菌 」とも言われ、数多くの種類があります。

大腸には “ 善玉菌 ” といった 乳酸菌や ビフィズス菌 それとは別に ” 悪玉菌 ” が存在していて、悪玉菌が増殖すると 腸の老化が 早まってしまいます。

 

乳酸菌や ビフィズス菌が 作り出す 乳酸や酢酸は 腸内を酸性にし、酸性環境の 不向きな 悪玉菌を 減らしてくれます。

しかも 腸のはたらきを 活発化し、消化吸収も やってくれるため、便秘を 良くしてくれます。

 

免疫力を上げる 働きから、アレルギーに 対する効能や インフルエンザなどの 感染症予防としても 着目されています。

ビフィズス菌は 人や動物の 腸内に生存していて、乳酸菌とは まるで別の細菌ですが、色んな 病気や老化の原因を ブロックする はたらきをすることや、乳酸を作る特徴から、広い意味合いで 乳酸菌のひとつとして扱われることがあります。

片方の悪玉菌の 代表としては、大腸菌、ブドウ球菌、ウェルシュ菌などがあります 良好な腸内環境は、極力善玉菌いっぱいの 状態みたいです。

 

こういった 腸内環境を 保持することが 健康促進や 老化予防に つながります。

このような いきさつから 現在、生きて腸に 届く乳酸菌や ビフィズス菌などの 調査が進められています。

 

乳酸菌は、大部分が 胃酸により 死滅菌となります。腸内環境を 良くする微生物のうち、生きて腸に たどり着くことができる 微生物を 特にプロバイオティクスといいます。

また オリゴ糖など その栄養源となり プロバイオティクスの 繁殖を手伝うものを プレバイオティクスといいます。


この乳酸菌は、いろいろな 発酵食品を つくるうえで なくてはならない存在で、古くから 人間の 食べ物に 深いかかわりを もってきました。

乳酸菌は それぞれの 利点を用いて、乳酸菌飲料や 発酵乳(ヨーグルト)、チーズなどの 乳製品をはじめ、味噌、醤油、漬物などの 食品に役立てられています。

 

とりわけ、植物性の 発酵食品に含まれる 乳酸菌は、牛や羊、やぎの乳など 栄養豊富な 食品に育つ乳酸菌に対して 塩分や香辛料などが ある厳しい環境でも 成長できる たくましさを もったものが いっぱい存在します。

動ける動物と違い 過酷な環境で 生きる植物に 乳酸菌は、ヒトの体内でも そのスタミナを発揮。酸やアルカリ、気温変化や 塩分にも タフなため、胃酸にも 負けず劣らず 生きたまま 腸までたどりつけるのです。

 

私達日本人は 繊維質の多い 食べ物を食べてきたため、欧米人に比べ 腸が長いといわれています。

何年にも亘り、植物性の 発酵食品である 漬物や納豆などを 食べてきたのは、そんな私達に 適していたからなのではないでしょうか。

 

動物性乳酸菌

動物性乳酸菌の 象徴として、ブルガリア菌や LG21 乳酸菌、ラクトバチルス・ロイテリ菌などが 存在します。乳の中で成長する 動物性乳酸菌。

牛乳を飲めば 乳酸菌を摂れると 思う方は 少なくありません。

ところが、牛乳を 飲んでも 乳酸菌を 摂ることは出来ません。

 

 

私達が 通常飲んでいる 一般的な牛乳は、商品にする途中で 殺菌されます。

この殺菌のせいで 乳酸菌は 死滅してしまうわけです。

 

かと言って、牛乳によっては 低温殺菌された 商品もあります。

このような牛乳ならば、乳酸菌を 身体に摂り入れることができます。

 

けれども、低温殺菌の牛乳に 含まれる乳酸菌量は 不十分です。

そういうわけで、牛乳では効果的な乳酸菌の摂り込みは困難だといえます。

 

そこで お勧めなのが、牛乳に 乳酸菌を混ぜた 乳酸菌飲料や ヨーグルトになります。

乳酸菌飲料や ヨーグルトには 乳酸菌がいっぱい 含まれており、高い整腸作用が 望めます。

また、商品によって 異なった 乳酸菌が 使用されているので、より自分の 体質や腸の状態に 適した 乳酸菌を 取り入れることができます。

ヨーグルト

 

栄養成分

1 本( 112 ml )当たり

エネルギー : 50 kcal

タンパク質 : 3.4 g

脂質 : 0.6 g

炭水化物 : 7.8 g

糖質 : 7.4 g

食塩相当量 : 0.12 g

カルシウム : 125 g

 

原材料名

乳製品、ぶどう糖果糖液糖、砂糖 / 安定剤( ペクチン )、甘味料( アスパルテーム ・ L – フェニルアラニン化合物、ステビア )、酸味料、香料

 

アレルギー物質

乳成分

スポンサーリンク


スポンサーリンク