永谷園 焼き豚チャーハンの素のレビュー

永谷園定番の ロングセラー商品の一つ チャーハンの素。

焼き豚チャーハンの素の 栄養素について お知らせします。

スポンサーリンク


永谷園 焼豚チャーハンの素

卵とご飯をフライパンで炒めて チャーハンの素を入れるだけで、焼豚風味のチャーハンを味わうことができます。

チャーハン

 

栄養 成分

本商品 1 袋 当たり

エネルギー : 26 kcal

たんぱく質 : 1.3 g

脂質 : 0.5 g

炭水化物 : 4.0 g

食塩相当量 : 3.0 g

 

原材料名

調味粉(食塩、砂糖、乳糖、粉末醤油、ポークエキス、でん粉、香味油、オニオンパウダー、焼豚パウダー、胡椒、ねぎパウダー、ガーリック)

フレーク(米粉、でん粉、小麦粉、脱脂大豆、砂糖、食塩、植物油脂)、味付豚肉、玉ねぎ、乾燥ねぎ/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、紅麹色素、カロチノイド色素、レシチン、香料、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、クエン酸

使用しているアレルゲン

乳, 小麦, 大豆, 豚肉

 

焼き豚チャーハンの素の特色

この商品は 卵やネギや豚肉が パラパラと ゴハンの上に乗っかっていて 見栄えもとても良いです。

 

パッケージからしても、その美味しさが分かります。

味の方は 申し分ないです。

特に 男性の方は おもいっきり ガッツキたくなる 味だと感じます。

 

ごはんは パサパサとしていて 歯ごたえが あります。

 

そして ネギとタマゴの においが後からやってきて、仕上げに豚肉!美味しい具材ばかりを持ってきた 贅沢なチャーハンの素です。

この チャーハンには 何にでも合います。

今まで いろんな メーカーの 炒飯の素を試して 炒飯を作ってきましたが、一番 口にあって 美味しかったのは 永谷園の「 チャーハンの素 」でした。

 

チャーハンの素と言えば、味付けだけされて 具が あまり 入ってないものが 結構多いです。

しかし 永谷園の 焼豚チャーハンの素は 贅沢なことに 焼豚が入っているので 玉子とご飯以外に 具材をたさなくても 上手く作ることができます。

また、焼豚の味が濃いめなので 食が進み、味付けも、香ばしさと少しピリ辛の味が くせになってしまい、初めて 食べた時には衝撃を受け、何故か柔らかさもあり 本格的だなと感じます。

 

特に 味が濃いめが好きな方には堪らない 商品なのではないでしょうか?

こんなに 上手く簡単に 作ることができる炒飯なので とても 魅力的だと思います。

 

他の チャーハンの素と作り方自体は 一緒なのですが、パウダーが小さいからなのか すぐに ご飯に絡みます。

それなので 手作りチャーハン独特の 偏った 味付けなんて問題も 防ぐことができるでしょう。

袋には 3 分で できると書いてあったので 最初は 信じていなかったのですが、作ってみると 本当に 3 分 かからないで作ることができました。

チャーハン

素早く ご飯を作りたい時や、夜食で 何か食べたい時には おすすめの商品だと思います。

今まで うまく作れなかった 同じチャーハンの素でも この商品だったら 私でも、簡単に 美味しく作ることができた商品です。

スポンサーリンク


スポンサーリンク