目に優しいPCモニターの明るさ

携帯のスマホとかパソコンの液晶モニターは 暗いと 明るいでは、どちらの方が目の疲れを軽減出来ると思いますか?

ディスプレイの設定で、目の疲れを軽減させるやり方が幾通りかあるので、明るさ調節の設定を案内していきます。

最初はダントツにシンプルにできる「明るさ調整」の的確な設定方法です。

スマホ・パソコンによる目の疲れ軽減方法

目が疲れないスマホとPCモニターの明るさ調節

スポンサーリンク


PCモニター

モニターの明るさは、目にやさしい希望の明るさとされるのは、周りの状況と合わせた明るさだと思います。

モニターが暗すぎて見にくい環境も良くないですが、もちろん明るすぎてもダメなんです。

フォントサイズとカラーの調節

パソコンの小さすぎる文字を何とか読み取ろうと目を凝らすことで、余計に目の疲が出てしまいます。

疲れないくらいの読みやすい文字に設定することで、目の疲れがぐぅっと軽くなります。

パソコンの「画面プロパティ」からフォントサイズを決めます。

カラー色は、実際のところはうすい背景に濃い文字の色とが目に負担が少ないです。

基本的に白の背景に黒の文字が、オーソドックスながら一番読みやすいです。

ブルーライトの調節

モニターが発する「ブルーライト」というやっかいな光が、疲れ目の原因になります。

①パソコン用メガネ

メガネにブルーライトカットのレンズにするのもいい方法です。

 ②ブルーライトカット 反射防止 液晶保護 フィルム

以前、モニターのブルーライトカットフィルムをお試しで使用しましたが、なかなか良かったです。

価格が少し高かったですが、現在は5000円前後で購入できそうです。

 

③モニター調整なら無料です・液晶ディスプレイの色温度で調整します。

ブルーライトをカットする画面設定(WindowsPCの場合)

  1. グラフィック プロパティを選びます
  2. グラフィック プロパティ
  3. ディスプレイメニューの中から「色調整」
  4. 「色」のプルダウンメニューから「青」を選びます
  5. 「色」のプルダウンメニューから「青」を選択
  6. 明るさを「-20」に設定

 

最近は『JinsPC』『ZoffPC』などというパソコン用メガネが流行っているようですね。

でもそんなパソコンメガネやフィルターを購入するのとは違う、このモニター調整なら簡単に利用料なしで設定できます。

そしてもしあなたに合わないと思ったケースではいつでも元に戻せます。

パソコンを使用することで目の奥がジーンと疲労感をかんじる方は是非チャレンジしてください。

 

スポンサーリンク