目の疲労の原因と目の疲れを取る方法

「目がショボショボ」「視野がピンボケになる」などなど日々の生活で悩みますね。

目が疲労する原因と目の疲労を取るやり方を紹介します。

スポンサーリンク


目が疲れる原因

仕事でパソコンを使ったり、時間があればスマホの操作をしたりと目を酷使しています。

1日中液晶画面を見る時間が多い現代です。

疲れるのは当たり前でしょうか?

目のピント調節機能の低下と老眼

目は、近くを見る時にはレンズを厚くしてピントを合わせようとします。

目の周りの筋肉のひとつである毛様体筋が緊張し、この緊張状態が長く続くと毛様体筋のコリが起こります。

ピントの調節のさじ加減というものが落ち込み、ボンヤリと見えるなどの現象がでることになります。

老化によるピント調節機能のおとろえ、つまりは「老眼」も目が疲れる原因のひとつです。

老眼はおおむね、45歳前後から始まってほとんどの人がなる病状です。

わたしたちは、目の中にある「水晶体」と言われるレンズの厚さを調節してピントをマッチさせることで、遠くや近くを見ています。

けれども歳をとってくると、この水晶体が柔軟度を失ってかたくなって、ピントの調節が出来にくくなるわけです。

そうして近くの細かいものや文字がかすんで見えたりするのです。

近視、遠視、乱視、不同視

目のピントが上手に合わない「近視」「遠視」「乱視」は一括して「屈折異常」と言います。

屈折異常の中には、左右の視力がすごくちがう「不同視(ふどうし)」というケースもあります。

屈折異常は矯正せずにそのままにしたり、度数の合わないメガネやコンタクトレンズを使用し続けていると、目がピントをあわせようとして無理をするために目が疲れる要因になります。

ドライアイ

ドライアイは眼球の表層の角膜や結膜が乾く疾病です。

パソコン・スマホの使用など、目を使い過ぎている人やコンタクトレンズを利用している人がなり易く、頻繁に目の疲労がつきまといます。

目の疲れを取る方法

目の疲れが表れると、肩や首にも「こり」という形で症状が出るのです。

できる限り早く手当対応したいですよね。

ストレッチ

首のストレッチ

首を前後右と左に曲げ、コリコリになった筋肉をストレッチングします。

徐々にじわじわ、3~5回ほど伸ばしたら、次に首を回します。

右まわり、左まわりを交互に3~5回程度おこないます。

肩のストレッチ

ストレッチは肩まわしです。

やり方は、腕の付け根に両手を軽く乗せ、肘で輪を大きくかくような感じで回します。

肩回しをやるのは両肩同時でも片方ずつ行うのもどちらでも良いです。

目のストレッチ

目を使いすぎた後は、意識的に「まばたき」をすることも必要です。

目にギュッと力を入れ目をつぶって、パァと力を抜き目を大きく開く「ギュッー・パァーストレッチ」をやりましょう。

アイマスク

帰宅した後は、蒸した熱めのタオルや市販されているホットアイマスクで目の辺りを温めて、目も疲れを毎日まめにリセットしましょう。

目元をあためることで、ドライアイの症状が緩和します。

 

食品

目にいいと紹介される栄養素として、ルテイン・ビタミンB6・ビタミンB12、タウリン、DHA・EPAがあります。

これらの栄養成分を含む食べ物を、毎日の食事に取り入て疲れ目解消しましょう。

目薬

疲れ目対策には「目薬」も有効です。

目薬を選ぶときは、「シアノコバラミン」、「メチル硫酸ネオスチグミン」が多く含まれるものを選びます。

眼球の表面に潤いを与えて角膜等を保湿する成分どが入っている目薬だとドライアイ対策にもなります。

それから防腐剤が入っていると目の細胞を傷つけることもあり得るので、防腐剤が含有されていない目薬が良いです。

まとめ

目が疲れて疲れてガマンできないという人は、眼鏡の度数の合っていない事やコンタクトレンズをずっと使い続けていないかをもう一度チェックしてみましょう。

さらに、温アイマスクやストレッチ、ツボ押しをやってみたのに、「目の疲れがなかなか解消できない」という人は疾病と考えられます。

「なにを試しても目の疲れが取れない 抜けない」という場合は、ためらわずに病院で診察をしてもらいましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す