飲み残したワインの正しい保存方法

ワインを家で買って飲む時に問題になる「飲み残しをどうするのか」

複数人で飲むならまだしも、一人でその日に開けたワインを飲み切ってしまうのは難しいでしょう。

「一度開けたワインはその日のうちに飲み切るべき」と言っている方もいらっしゃるようです。

それでも飲み切れないときにはワインを捨てるしかないのか?

ここではそんな飲み残しのワインの保存方法をご紹介いたします。

 

なぜワインは劣化してしまうのか

ボトルを開けると、ワインは空気中の酸素に触れてゆっくりと変化します。

一般に「酸化」と呼ばれる現象です。

これがワインの味が変わってしまう原因なのです。

一度栓を開けて空気に触れたワインは傷んでしまいます。

その対策は大きく二つに分かれます。

以下はその二つをお知らせします。

 

急激な環境の変化をなくす

保存の際には、温度や湿度、光、振動などがワインに影響を与えないように注意が必要です。

ワインにとって最適な環境の条件は、温度が一定で涼しいこと(13〜15度程度)、光がないこと、高湿度であること(75%前後)、振動がないこと、周囲ににおいの強いものがないことです。

そんなワインの最もおすすめな保存場所は冷蔵庫です。

一般的なワインなら急激な温度変化がなく、直射日光もない冷蔵庫内なら急激に劣化することもないでしょう。

ただし、しっかりと熟成された高級ワインならワインセラーなどで保存しなくては劣化してしまいます。

 

空気に触れさせない

劣化の原因が「酸化」ならば空気に触れさせないのが一番手っ取り早い解決策だと思います。

以下では3つの方法をお伝えします。

 

真空容器・ペットボトルを使う。

残ったワインの酸化を防ぐには、空気に触れずに保存ができる真空容器に入れることをオススメします。

真空容器であるハジーボトルに入れていればちょっとずつ飲んだり、そのまま保管しても酸化を防いでくれる優れものです。

温度も気にしなくてよいのでそのまま冷蔵庫に入れてしまえば冷蔵庫がワインセラーに早変わりです。

また、そんなものがなくてもペットボトルに入れて、中の空気がなくなる限界までへこませキャップをしめることでも劣化を防ぐことができるのです。

 

小瓶に差し替える

ワインの表面を空気に触れないようにするために手軽にできる方法があります。

ワインのハーフボトル(375ml)や、栄養ドリンクなどが入っていた瓶(180~250ml)に余ったワインを入れるのです。

通常のワインボトル(750ml)に比べ、瓶内の空気量が少なく、酸化を遅らせることができます。

注ぎ口のぎりぎりまでワインを入れることで空気に触れさせません。

もちろん小瓶はしっかり洗ってから使いましょう。

 

窒素ガスボンベを使う

仰々しいですが、ボトル内に窒素ガスボンベを使って空気が入る場所をなくすというのも手です。

小型のボンベなら1500円~数千円前後で買うことができ、1回あたりで計算すると数十円程度で済むのでおすすめです。

すこし高級なワインを残すときにはもってこいです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク