Amazonフォトとgoogleフォトを同期できないだろうか

Amazonプライムを使っている場合、Amazonフォトが無料で使えます。

タダだと言うならば、使わない手はありません。

しかし、面倒なのはごめんです。

既に使っているgoogleフォトと同期して簡単に使えないかを検討しました。

スポンサーリンク

Amazonフォトとは

Amazonフォトとは、Amazonプライムを契約している人ならかなり条件良く使えるサービスです。

画像ファイルならば容量無制限・無圧縮で保存可能です。

プライムフォト

⇒ Amazonフォト

スマートフォン、タブレット、コンピューター、からアクセスできるので、スマホで撮った写真をパソコンで活用したりするのに便利です。

 

画像はほとんど形式がアップロードできます。

無圧縮でアップロードできるので、なんとなく安心です。

 

注目すべきは、RAW形式の画像です。

一般の人にはあまり馴染みがないでしょうが、デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラ、など採用している記録可能な画像形式です。

JPEG画像などは圧縮した後のデータです。

圧縮前の生データがRAW形式なのです。

 

画像以外に、動画もPDFもアップロードできるのですが、プライム会員だと5GBまでとなっています。

ここは制限を付けないと、パソコンやスマホのデータを全部アップロードしてしまう人が出そうです。

 

googleフォトとは

Googleフォトは、恐らくオンライン画像保存サービスとしては、最大手ではないでしょうか。

無料と言うのも魅力の一つです。

 

16MP(1600万画素)以下の画像は無圧縮で保存できます。

1600万画素がどれくらいかと言うと、大体1枚4MBくらいの画像です。

4608x3456 で 16MPです。

つまり、普段撮影するスマホの画像ならば、無圧縮で保存されると言うことです。

スマホで撮影した画像は無圧縮でアップロードできる

ちなみに、iPhone は以下のようになっています。

iPhone 6 1,200万画素

iPhone 7 1,200万画素

iPhone 8 1,200万画素

iPhone X 1,200万画素

iPhone 11 1,200万画素

スポンサーリンク

画質が良くなった、良くなった、と言っても、それはインカメラ(自撮り用カメラ)の話。

アウトカメラ(風景など撮影用カメラ)は、1,200万画素なのです。

iPhone で撮影した画像もすべて無圧縮でアップロードできるのです。

 

ちなみに、androidの方が画素数は良いと言うのをご存知でしょうか?

その画質が良いものでも、無圧縮で保存できるので、ほとんどの人が無料サービスでOKなのです。

 

Amazonフォトとgoogleフォトの同機

Amazonフォトとgoogleフォトの同機は、出来ませんでした・・・

AmazonとGoogleは、あまり仲が良くないようで、ライバルとなる会社のために何かをすることは考えにくいです。

 

全ての設定などを見たのですが、Amazon側にもgoogle側にも同期の設定はありませんでした。

 

一度、過去の画像を全部準備できれば、以後新しく撮影する画像は自動でアップロードできるので、同期と同じことになりそうです。

どうすれば、過去の画像を全てアップロードできるか・・・

 

アマゾンフォトを見ていると面白い機能を発見しました。

アマゾンフォト

 

右上ですが、「追加」と言うのがあります。

Amazonフォトの追加

「フォルダーのアップロード」と言うのがあります。

これにより、複数のファイルを一気にアップロードできます。

 

Googleフォトのデータを同期することはできませんでしたが、ハードディスクの画像データがあれば、それを丸ごとアップロードできるのです。

色々なデータがあったとしても、動画とPDFなどのデータしかアップロードできません。

ハードディスクのデータを丸ごとフォルダで指定して、アップロードしたらいいのです。

 

これで、以後はスマホで撮影したすべての画像が自動で同期されます。

googleだけのオンラインストレージに多少不安を感じていたところでした。

万が一にも、googleが倒産したり、倒産まで行かなくてもgoogleフォトのサービスを終了するとなったら、かなり困ります。

そんなときのために、Amazonフォトでバックアップを取っておくみたいなイメージでしょうか。

 

スポンサーリンク